足,潰瘍,糖尿病,壊死,床ずれ,治らない傷

足の潰瘍

2015年12月7日更新
足,潰瘍,糖尿病,壊死,床ずれ,治らない傷

社会医療法人 敬和会 大分岡病院

社会医療法人 敬和会 大分岡病院
〒870-0105
大分県大分市西鶴崎3-7-11
電話 097-522-3131

当院は2004年2月に創傷ケアセンターを開設しました。
創傷とは傷のことですが、数週間以上も治らない創傷を「慢性創傷」と呼んでいます。
慢性創傷には、動脈硬化症を伴う血流障害による動脈不全性・静脈不全性の傷、糖尿病の方にみられる糖尿病性の足の変化、
慢性の床ずれによるもの、骨の変形が原因でおこる潰瘍など様々なものがあります。
現在、日本では、これらの疾患に対する治療効果は必ずしもよくないのが実情です。
日本型の創傷ケアセンターとは、高齢者・透析患者で血行再建が必要な患者を治療できることであると考えています。
当院では循環器内科、心臓血管外科、形成外科におる院内完結での治療、他職種によるチーム医療により
入院して集学的治療を行い、早く傷を閉じて早くリハビリすることを目標に治療を行っています。
入院、外来だけでなく自宅での創傷処置もサポートしていきます。
当センターでは多様なタイプの創傷に対応することが可能で、血流障害・糖尿病性潰瘍、床ずれなど慢性創傷の原因は実にさまざまで、
症状も治療法も大きく異なります。


インソールによる外反母趾の悪化予防

インソールによる外反母趾の悪化予防
外反母趾はどうしてできるのか、その理由は誤解されていることが多いようです。
一番良く聞かれる誤解は「ハイヒールを履きすぎたから」というものです。
今回は、外反母趾はどのような症状なのか、どうしてできるのかを詳しく探ってみたいと思います。
外反母趾とは第1中足指節関節が通常の関節の状態よりずれてしまっている状態です。 症状としては親指の根元の部分が固く大きく膨らむ、第1中足指節関節部分が赤く腫れ、痛みを伴う、第1趾、第2趾に胼胝ができて痛みがある、第1中足指節関節の関節域が小さくなり、痛みを伴うなどがあります。
外反母趾は関節、腱へかかる力のバランスが崩れてしまった時に起こります。この力のバランスの崩れが関節の不安定状態を作り出し、変形に至ります。この変形は長年にかけて第1中足指節関節に異常な動きとプレッシャーがかかったことによって起こります。つまり外反母趾の症状は歩き方、その人の遺伝として持っている足の形によってもたらされているのです。
外反母趾は家族からの遺伝と言われますが、それを詳しく説明するなら、遺伝として伝わっている足の形(足のタイプ)といえるでしょう。親の足に関節の動きが正常ではないなどの問題があると、それは子供に受け継がれ、外反母趾を発症しやすい状態になります。
つまり外反母趾はハイヒールを履きすぎたから起こるのではなく、その人が外反母趾になりやすい足の形と関節を持って生まれてきたからなのです。これは男性にも外反母趾が起こることを見てみると理解しやすいのではないでしょうか。男性はハイヒールを履きませんが、外反母趾になることがあります。これはこの男性が外反母趾になりやすい足のタイプを持っていたからなのです。

第1中足骨頭
外反母趾の足の骨と関節の状態例

 

 

治りにくい足の傷

    糖尿病のある方の足は、無い方に比べると慎重なお手入れが必要です。小さな傷が少しずつ大きくなり、
    慢性の治りにくい傷になってしまうこともあるからです。
    糖尿病の方の足のお手入れ
    関心を持つべき理由
    潰瘍、感染、壊疽は糖尿病患者が直面するごく普通の障害です。その為、毎年数千人もの糖尿病患者が
    足の切断を余儀なくされています。
    糖尿病患者における足の問題には大きな2つの原因があります。
    1.神経障害
    ケガをしないように足をいつも守っている知覚が無くなります。その上、神経が傷つくと、足趾が変形
    したり、土踏まずが無くなったり、皮膚が乾燥したりします。これらの障害は、足に潰瘍や感染を起こ
    すかもしれません。そうなれば急速に進行して壊疽(組織の壊死)や切断になるかもしれません。しか
    し足を良く手入れすれば、潰瘍や感染を防止できます。
    2.血行不全(阻血)
    これは治療が困難です。血の巡りが悪ければ、壊疽や切断を免れません。しかし足を良く手入れすれば、
    足の切断の時期を遅らせられます。
    あなたの足を守るために、次のことを実行しましょう。
    1.毎日足を観察しましょう。
    ■ 目と手を使い観察し、家族にも助けてもらいましょう。
    ■ 足趾の間もチェックしましょう。
    ■ 鏡を使って足の裏も見ましょう。
    ■ 以下のような危険なしるしを探しましょう。
    ・ 腫れ (特に新しいもの、次第に大きくなるもの、足全体に及ぶもの)
    ・ 皮膚が赤い (圧迫によるただれや感染の可能性)
    ・ 水ぶくれ (擦過や圧迫によるただれのしるし)
    ・ 切り傷、擦り傷、出血 (感染の可能性)
    ・ 爪の障害 (皮膚に当たり、潰瘍を作り、感染を起こす)

ホームページ更新ログ

    2015年12月6日
    治らない傷,治らない足の潰瘍,病院,糖尿病ページ更新しました。
    2015年12月5日
    壊死,潰瘍,足,傷のページ更新しました。
    2015年12月4日
    切断,床ずれのページ更新しました。
    2015年12月3日
    けが,しびれのページ更新しました。