足,潰瘍,糖尿病,壊死,床ずれ,治らない傷

足の潰瘍

2015年12月7日更新
足,潰瘍,糖尿病,壊死,床ずれ,治らない傷

社会医療法人 敬和会 大分岡病院

社会医療法人 敬和会 大分岡病院
〒870-0105
大分県大分市西鶴崎3-7-11
電話 097-522-3131

当院は2004年2月に創傷ケアセンターを開設しました。
創傷とは傷のことですが、数週間以上も治らない創傷を「慢性創傷」と呼んでいます。
慢性創傷には、動脈硬化症を伴う血流障害による動脈不全性・静脈不全性の傷、糖尿病の方にみられる糖尿病性の足の変化、
慢性の床ずれによるもの、骨の変形が原因でおこる潰瘍など様々なものがあります。
現在、日本では、これらの疾患に対する治療効果は必ずしもよくないのが実情です。
日本型の創傷ケアセンターとは、高齢者・透析患者で血行再建が必要な患者を治療できることであると考えています。
当院では循環器内科、心臓血管外科、形成外科におる院内完結での治療、他職種によるチーム医療により
入院して集学的治療を行い、早く傷を閉じて早くリハビリすることを目標に治療を行っています。
入院、外来だけでなく自宅での創傷処置もサポートしていきます。
当センターでは多様なタイプの創傷に対応することが可能で、血流障害・糖尿病性潰瘍、床ずれなど慢性創傷の原因は実にさまざまで、
症状も治療法も大きく異なります。

糖尿病用靴

糖尿病用靴
糖尿病があり、糖尿病用の靴とはどんなものか興味を持たれている方も多いのではないでしょうか? 今回は糖尿病用靴の特徴をご紹介します。
① 靴に入るインソールは、型取りをした特注のものです。クッション性
があり、足を衝撃と外傷から守ります。
A.インソールは、足に当たる部分から底に向かって
1.プラスタゾート
2.PPT樹脂(ポリプロピレンテフタレート樹脂)
3.EVA樹脂(エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂)
の3層になっています。
B.インソールはリウマチ、足の手術などで変形がある場合、
特注で詰め物を付けることができます。
5

インソールの3層構造
詰め物の例

 


創傷ケアセンターの利点

創傷ケアセンターの利点
貴方の足にこのような傷ができたらどうしますか?
このような経過をたどる可能性があります。
① 皮膚科に行くと、皮膚科の先生にこれは皮膚科の分野という
より、どちらかといえば循環器外科の分野なのでその科に行
くよう勧められる。
② 違う病院の循環器外科に行ったら、まずは整形外科の先生に診て
もらって、それから循環器外科に戻ってくるように言われる。
③ 違う病院の整形外科に行ったら、骨に異常はないので循環器外科に戻
るよう言われる。
これは極端なケースかもしれませんが、創傷ケアセンターに来れば、このような結果になるこ
とを防げる可能性があります。
理由は:
1.創傷ケアセンターでは外科、循環器外科、心臓外科、整形外科、内科、皮膚科、放射線科な
どの科が連携しています。創傷ケアセンターの医師と看護師が院内の異なる科と連絡をとりあ
っているので、自分でどの科に行けばよいのか判断しなくてよいのです。
2.違う病院の違う科を巡っている内にどんどん時間が経ってしまいます。創傷ケアセンターに
行けばこのような余計な時間を省くことができます。

 

ホームページ更新ログ

    2015年12月6日
    治らない傷,治らない足の潰瘍,病院,糖尿病ページ更新しました。
    2015年12月5日
    壊死,潰瘍,足,傷のページ更新しました。
    2015年12月4日
    切断,床ずれのページ更新しました。
    2015年12月3日
    けが,しびれのページ更新しました。